脳デザイン脳デザインとは――

脳デザインは、未来脳を拓く考え方とメソッドで、まだまだ世界的にも研究者が少ない新しいジャンルです。

Dr.響玲緒奈の脳デザインは、脳科学とポジティブ心理学をベースに、脳をその気にさせ、目標・課題を達成させる発想と方法の総称目標・課題へ向かうエネルギーがひとすじであればあるほど、脳は柔らかくなり、パワーを発することに気づかされました。

幸せや成功のカギは、脳をその方向に働かせることにあります。そのためには脳をまるごと上手に使いこなすことが大切と言えるでしょう。

すなはち脳デザインは、人々が輝いて生きるためのスーパー脳メソッドなのです。

 

【註】
Dr.Leona HIBIKIオリジナル用語である「脳デザイン」(2001)は、未来脳への視点をより明確にするために、新たに脳デザインⅡ【=高次脳フィードフォワード】 と形容することにいたしました。
新しい脳デザインでは、未来を見据えて、 脳をより能動的に機能させるために、 意欲的にイニシアティブをとり、 未来の問題にチャレンジする未来脳づくりを眼目とします。
 2018年7月17日 東京の日、京都祇園祭りの日
 脳デザインⅡ【=高次脳フィードフォワード】提唱者
 Dr.Leona HIBIKI


アンジュ脳とデモン脳

ここで2つの脳をご紹介しましょう。

アンジュ脳とデモン脳です。

アンジュ脳はポジティブな柔軟思考で、積極的、進歩的、開放的に行動し、
幸せのエネルギーを引き寄せる天使の脳です。

デモン脳はネガティブな硬質思考で、消極的、防衛的、閉鎖的に行動し、
幸せのエネルギーを引き離す悪魔の脳です。

仕事であれ、プライベートであれ、目標・課題を達成する人の多くは
視床下部にストレスを与えない柔らかな脳のユーザーです
アンジュ脳のユーザーになれればいいとわかっているのに
いざ気がついたらデモン脳のユーザーになってしまっています。
こんな人が多いのは実際にはもったいないと思います。脳デザインを上手に活用すると、脳のポテンシャル(可能力)への信頼が高まり、デモン脳に主役を奪われることはありません。
それどころか、外部からの情報の内容は次第に、
スーパーアンジュ脳のレベルに脳をその気にさせ、結果を出すことが可能です。

脳デザインは実践脳!

脳デザインは次のようなものに適用できます。

【能力開発編】
自己啓発、営業活動力、成功開発力、やる気/行動力、問題解決力、決断力、リーダー力、キャリア開発力、コンサルティング能、人間的器量など。
【問題解決編】
不況時の生き方、リストラ/就活、自己嫌悪や苦手克服、人間関係ストレス/うつ、トラブル対応力など
【上手な生き方・日常力編】
進学、適性発見、恋愛、婚活、子育て、アンチエイジング、美的センス、好感度、体質改善、認知症予防など。

脳デザイナーは、脳を持って生きている悦びと脳トレの醍醐味をよく知っています。

デモン脳を追いやり、アンジュ脳をパワーアップさせるための数々の知恵とスキルを持っています。

私の脳デザイン修行

では、私の場合、アンジュ脳とデモン脳はどうだったのかー。

20代に勤めていた研究所の親企業がグループを倒産してしまいました。

普通ならデモン脳が主役に名乗りをあげそうな場面でしたが、
アンジュ脳が行動力を発してくれたです。

まず、即上京。
次は、エアロビクスが日本に上陸するや否や、すぐさま水中エアロビクスを手掛け、その後にアクアビクスブームを起しました。2つ目の大学に入り、心療内科の世界的権威の門をたたき、その権威との二冊の共著出版にこぎつけました。
さらには、当時広告業界の神様ともに言われて人物に、人事についての薫陶を受ける機会にも恵まれました…。
その後の人生も、デモン脳に何度も主役を狙われましたが、アンジュ脳は決して主役を譲りませんでした。
そして次々に新しいもののプロデュースに成功してきました。

なぜ、それが可能だったのか - ?

それはこの世に530グラムの超未熟児として生まれて以来、
自分の人生を支え続けている脳の存在への感謝と敬意を一日たりとも忘れなかったからです。
脳の力を引き出し、素晴らしい人生にするぞ!!という目標への熱い想いが“ひとすじ”に貫いていました。
その目標途中の課題をひとつひとつ達成する度に、次々と効果的な脳デザインの手法を生み出せたのだろうと思っています。

脳にブラボー!と祝福のエールを送る毎日です。

私も、自らをつくった脳デザインにより磨かれていった一人なのです。

ある時、ノーベル賞のペアー受賞者のケースを調べて、左脳タイプ/右脳タイプが上質にコラボレートされていることに気づきました。左右の脳を繋ぐのは脳梁(のうりょう)の役目なのですが、これは共同研究の最たる力になったと考えてよいでしょう。

そこで脳デザイナーネームの一部改名後、
この脳梁力の強化を目的に、自分磨きを発展させました。
VIPコンサルタントとして左脳をデザインして、また美的感性アナリストやセールス心理学スーパーバイザーとして人の右脳をデザインし、今日に至っています。

こうしたキャリア開発へのチャレンジが、私の脳梁力を強化させ、これまで以上に左脳と右脳をより柔らかく、よりパワーアップさせたといえましょう。

このように人の脳はポンテシャルへの信用を深めれば深めるほど、成長していきます。

皆さん、どうか人生のパートナーやビジネスマンに、ご自分の持っている素晴らしい脳を選択されることをおすすめいたします。

2013年12月吉日

「脳デザイン – サクセスフル実践脳の世界」
(都内ホテルエグゼクティブ社交倶楽部講演会の一節より)
 脳デザイン提唱者 響玲緒奈(旧:響怜於奈)